title image   
test

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012/06/09 雑記など 

気がつけば6月、何だか夏みたいな陽気。 え? まだ梅雨入ってないじゃないすか!やだーーー!

BlueSky.jpg
スポンサーサイト

2012/02/21 雑記など  

■珍しく時事問題など

・「京都に合わない」 自転車レーン塗り替え批判

2月19日の読売新聞記事より。 要約すると 「京都府警が (全国に倣い) 青で舗装した自転車専用レーンを、京都市が景観に合わないとして650万円を投じ赤茶色に塗りなおした」 というもの。

2chでもスレが立っていますが、赤茶が京都に合うの合わないのといった論議に終始して、どうにも問題の本質を理解している人が少ないようなので記事にしてみました。

X PLUS リアル・マスター・コレクション 「ガンヘッド 507号機」 レビュー (後編) 

「 ブルックリン、お願いがあります 死ぬ時はスタンディングモードで 」

エクスプラス ガンヘッド 評判 レビュー
ガンヘッドといえば、やはりこの雄姿。 最終回はスタンディングモードを中心にご紹介。

X PLUS リアル・マスター・コレクション 「ガンヘッド 507号機」 レビュー (中編) 

「 ガンヘッド君、スタンディングモード 」

GUNHED_10.jpg
第2回は商品最大のセールスポイント、G1からG2モードへの変形ギミックをご紹介。

X PLUS リアル・マスター・コレクション 「ガンヘッド 507号機」 レビュー (前編) 

「 パーティしようか、ガンヘッド 」

X PLUS real master collection GUNHED model review コトブキヤ プラモデル レビュー
エクスプラス、2011年11月発売、定価99,750円、塗装済完成品 (展示専用モデル)
原型製作:叶世青 (X PLUS HK) 製作総指揮:細川満彦

特撮魂に溢れる大駄作映画 「GUNHED」 より、物語の主役とも言える可変装甲戦闘車両 「ガンヘッド 507号機」 が初の完成品モデルとして登場。 公開当時に粗悪なキャストキットが発売されたきり一切の商品化が無かったキャラクターですから、まさにファン待望のアイテムと言えます。

商品はワンダーフェスティバル2010[夏]にて発売されたキットに新たなギミックやディティールを加え、塗装済完成品としたもの。 受付期間2011年5月20日~6月20日の完全受注生産品です。

「true tears」 湯浅比呂美 恍惚のヤンデレVer. 

大丈夫、眞一郎くんは… あぁん 私が守ってあげる!

Hiromi_yandere.jpg

由乃かわいいよ由乃! 容姿端麗、頭脳明晰にして運動能力、胆力も人外レベル。 おまけに一途で世話焼きで料理上手ときた! ここまで来ると、ちょっと頭がおかしいとか許されるレベルですw

「未来日記」、面白いのでネタバレを回避しつつ観ていますが、もう退場したキャラについてなら良かろうと興味のあった春日野椿の項だけ Wiki を読んだところ、壮絶にストーリーの根幹設定がバレてて泣いた…

130317 Sun
"true tears" 5周年記念CD-BOX 予約受付中!
過去にランティスより発売された tt関連楽曲を全て収録!

f-fact.

カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ
リンク

このサイトはリンクフリーです

また掲示画像の無断転載
配布を禁じます
 
f-factory blog 2008 @ testing



test


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。