title image   
test

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「夏目友人帳」 ニャンコ先生ストラップ 祭 (おまつり) レビュー  

シリーズ第2弾は、にゃんこ先生が縁日で大暴れ!

nyanko_St_02_00.jpg
ラナ 2010年6月発売 定価200円 カプセルトイ。 アソートは全5種+シークレット1種。

サイズはシリーズ前作と同じく約3cm。 おめでたい朱色の紐とカニカンフックも前作同様の仕様。
nyanko_St_02_01.jpg
バンダイのスイングなど、カニカンフックがフィギュアに接触してダメージを与えないよう、フックをビニール袋ごとねじってテープで留めるという職人芸で回避しているのですが、このストラップシリーズはビニール袋 (フック用穴開き・糊付) を二重にした物理回避。 異様にコストかかってます!

■たこ焼き
nyanko_St_02_02.jpg
ビジュアル的にはアソートの目玉。 ってか、ソースに猫がベッタリってのは、どうなんでしょうw

■イカ焼き
nyanko_St_02_03.jpg
先生の好物、イカ焼き。 ちなみに猫のイカ食は危険ですが、焼いたら少量はOKだそうですよ?

nyanko_St_02_04.jpg
これストラップ第一弾の 「スルメイカ」 のリデコ・リペイントに見せかけて、実は原型から別物です。

■金魚すくい
nyanko_St_02_05.jpg
これはミニブックの裏面に原画が掲載されています。 比較して見ると、再現度は足りてないなぁ…

■わたあめ
nyanko_St_02_06.jpg
綿菓子にまみれてご満悦の先生。 太い棒が割り箸だとすると、おしり貫通してますよ!

■かき氷
nyanko_St_02_07.jpg
耳の毛まで逆立てて、ッキーン! 妖でも、この生理現象に陥りますかw

■わたあめ 黒ニャンコVer. (シークレット)
nyanko_St_02_08.jpg
ショーン! ひつじのショーンじゃないか! ノーマルでさえ羊っぽかったんですが、もうまんまですw
今回もシークレットは第一弾同様の極少アソート。 無理して集める程のものでもないと思います。


アニメは二期が放送終了して既に1年以上経ちますが、原作コミックは今月に最新刊が発売されたばかり。 キャラクター商品もコンスタントに発売されるのは嬉しい限りです。
nyanko_St_02_09.jpg

発売元のラナからは、来月、再来月にも夏目友人帳カプセルトイの新作発売予定があります。
とは言ってもまぁ、ラインナップは全部ニャンコ先生一色なワケですがw


シリーズ第一弾のレビューは、画像クリックで↓
ニャンコ先生ストラップ シリーズ1 レビューへ



以下、雑記など。


■ 『四畳半神話大系』 全話オールナイト上映 「四畳半主義者の集い」 開催決定

詳細は こちら 。 未放映のエピソード 「地面潜航挺、女湯へ 閨房調査団桃色探索」 も上映!
何、その魅惑のサブタイw

mochiguman.jpg

「四畳半神話大系」 は、かなりお気に入りのタイトル。 延々、主人公が最後に選ぶヒロインは誰か? という流れと見せて、実のところ 「私」 と小津のお話。 最終話、全パラレルコスで小津の元に疾走する主人公には、ちょっと泣けました…

しかしこのイベント、やはり京大西部講堂で行うべきでは… これは主催者に問いただす必要がある。 責任者はどこか。 原作ゆかりの地なら、別にベンゲットでも京一会館でもルネサンスホールでもいいんですが! って全部とうに閉館してるし (泪)


■最近のお買い物など

フィギュアーツ2週分。 ラッシュが続きましたが、これで当分はライダー関係は出ない筈。
item_100731.jpg
しかしアーツと極魂、S.I.C.全盛期を彷彿させる程に即日完売する物と、そうでない物の差異が凄いことに。 お陰で毎度、情報・争奪戦が大変。

実は私、たいていはネット予約せずに店頭購入なんですよ。 こういうのって、手に入れる迄 (の苦労) が醍醐味だったりしますw


本当に先生ばかり! アヤカシのトレフィグでも出ないもんですかねぇ…
   


> 焼いたら少量はOKだそうですよ?

「私は猫ではない!」という反論が聞こえてきそうなw「夏目」は絵柄自体も立体化に向いてないんですかね。中級とかちょびひげなんて萌えキャラだと思うのですがw

> 手に入れる迄 (の苦労) が醍醐味だったりしますw

とてもよく判りますw過程が大事ですよねw
[ 2010/08/01 13:09 ] [ 編集 ]
>「夏目」は絵柄自体も立体化に向いてないんですかね。

基本的にアニメ化でタッチが変わる (動かすのに補正が必要な)絵ですと
立体化では何かしら違和感が出ますね。 ディフォルメなら向いているかもです。

まぁ、詰まるところフィギュアが出るか出ないかは、向き不向きより
需要があるかどうかに尽きますがw


>過程が大事ですよねw


ネット予約など合理的な手段に照らせば時間の浪費かも知れませんが、割と好きですね、
そういう過程。 多分アイテムに対する自分の価値観というか愛着にはつながっていると思います。
[ 2010/08/02 23:08 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/03/23 21:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
130317 Sun
"true tears" 5周年記念CD-BOX 予約受付中!
過去にランティスより発売された tt関連楽曲を全て収録!

f-fact.

カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ
リンク

このサイトはリンクフリーです

また掲示画像の無断転載
配布を禁じます
 
f-factory blog 2008 @ testing



test


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。