title image   
test

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012/06/09 雑記など 

気がつけば6月、何だか夏みたいな陽気。 え? まだ梅雨入ってないじゃないすか!やだーーー!

BlueSky.jpg ■最近のガンヘッド

コトブキヤ ガンヘッド プラスチックモデルの続報。 先月末発売のホビー誌にて、全身像を公開。 4月の受注会でパーツ別には公開されていましたが、組まれた全身像は今回が初めてですね。
gunhed_kit_00.jpg

画像は電撃ホビーマガジン掲載記事ですが、ガンヘッドに理解が無いのか、前脚を閉じたまま、かなり後部にめり込ませているためプロポーションがおかしく見えますね。 モデルグラフィックスも同様、キッチリ前脚を展開させた画像を掲載しているのはホビージャパン1誌のみ… ただ、そのあたり差し引いても前脚ユニットが小さい (タンクモードでは前半分にボリュームが無い) 感は否めないなぁ。 何というか、どっしりした安定感に欠けるというか…

変形ギミックについては各誌で 「一部パーツ差替え」 「一部パーツ余剰」 と情報が錯綜していますが、これは多分モデルグラフィックスの一文 「非変形プロップにはあって、変形プロップにはないディティールのパーツは着脱式」 が正解かと。 このあたり x-plus社版ガンヘッド と同じってコトで。

あと驚いたのは、変形ギミック優先のデザインアレンジが成されている点。 画像の赤丸部分、後脚先端にダボ、肩アーマー背面にダボ穴、恐らく前面に (前垂れパーツで隠れていますが) ダボ穴が確認できます。

いずれも撮影プロップには無い玩具然としたディティール。 確かに有った方がタンクモードをキッチリ保持できますが、スケールモデルを謳っていただけに、少し意外。 もしかすると、これらにはダボ無しの 「スタンディングモード展示専用の差替えパーツ」 が付属するのかも知れませんね。

発売は2012年10月とのこと。 未発表の価格やボックスアートなど、続報が楽しみです!


■最近のゲーム話

E3で盛り上がる業界を尻目に、黙々と 「平安京エイリアン」 をプレイ中。 理由は我ながら不明。
heiankyo.jpg

とりあえず全ステージでタイムアウト演出のエイリアン増殖暴走モード (強制ゲームオーバー演出) までねばり、さらに暴走がタイムアウトするまで点稼ぎできる程に熟達。 超自慢にならねぇw


あと遅れ馳せながら 「Ib」 全ED、クリア。 記念に終盤の印象的なカットを描いてみました。 取り戻したバラの、あまりに大きな代償。 バッドエンドですが "忘れられた肖像" が一番のお気に入り。
「Ib」より、おもちゃばこのイヴ

「Ib」 はRPGツクール2000ベースのフリーゲーム(公式サイト)。根気のない私でもクリア出来たあたり秀逸W ジャンルはホラーアドベンチャー、内容は幼女祭り@美術館。 興味のある方は是非に。


■最近のお買い物など

特撮リボルテック バンブルビーと、メディコムの ULTRA DETAIL FIGURE オシシ仮面!
item_120609_00.jpg

オシシ仮面、高額な VINYL COLLECTIBLE DOLLS シリーズのミニチュア版が、このUDF。 VCDだと店舗限定だったバーニングVer. (グエーッ!!) も通常アソートされ、定価980円。 ネタキャラもこの値段ならアリですねぇ!

それにしても、オシシ仮面の下半身タイツは黒でしたか。 昔ミキシングビルドで自作したストラップ (画像右端) では色がわからなくて、流用パーツままの黄色にしてましたよ…
oshishi-kamen doraemon figure

オシシ仮面って "一人獅子舞" ですから、口の開閉は中の人の腕によるギミック (だからオシシ仮面の両腕は見えない) 。 この火あぶりにされて 「グエーッ!」 って口を開いているのは、中の人が手で開けてるってコトですよね? ピンチなのか余裕なのか、分からんヒーローだなぁw


特リボのビーは、映画3作目 「ダークサイド・ムーン」 版。 オプティマス程の際立ったアニメチック補正が無くて格好良し! 劇中プロポーションより若干頭が小さくて、足が長い程度かな。
sci-fi revoltech bumblebee review

体型的には頑張っていたロボットレプリカ版 (人外なヒジ関節が劇中通り!) と。 頭部など各パーツサイズは殆ど同じなんですが、トータルでは特リボ版がアタマひとつ高いですな。
item_120609_03.jpg

リボでは毎度の事ながら塗装品質が酷いのと、ちゃんと立たせるのも困難な程に下半身がフニャフニャなのがマイナスですが、値段の割りにこの良プロポーションとプレイバリューは魅力ですよ!


オシシ仮面はリアル縄ヒモ付き、どこになと吊るせ! もはや、のがれることはできんぞ!
   >


> さらに暴走がタイムアウトするまで点稼ぎできる程に熟達。

懐かしい。伊東掘りとか色々テクニックもありましたねえ。スペランカーと並ぶ奇妙ゲーと思っています。

> それにしても、オシシ仮面の下半身タイツは黒でしたか。 昔ミキシングビルドで自作したストラップ (画像右端) では色がわからなくて、流用パーツままの黄色にしてましたよ…

実際獅子舞の人は鳶職みたいな格好で足元も固めてますから、黒系統になるんでしょうね。従姉妹のオカメ仮面がどんなデザインだったのかいつも気になりますw
[ 2012/06/10 07:15 ] [ 編集 ]
>懐かしい。伊東掘りとか色々テクニックもありましたねえ。

掘りというかエイリアン暴走中の地形に合わせた待ちをいくつかあみ出し (一応、wikiにないテクニックです) 悦に入っておりましたが、まわりで誰もプレイしていないので話が合いません…

スペランカーは、とりあえず誰でも (スペランカー先生の耐久力だけは) 知ってますよねw ウチにも先生のフィギュアがありますよ!


>黒系統になるんでしょうね。従姉妹のオカメ仮面がどんなデザインだったのかいつも気になりますw

鳶職、成る程です! オカメ仮面、以前ふたばで 「パーマン原作に登場した同名キャラでは?」 ということになっていました。 スーツ男がオカメの面と風呂敷マントつけただけという、シンプルなデザインでしたよ!
[ 2012/06/10 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
130317 Sun
"true tears" 5周年記念CD-BOX 予約受付中!
過去にランティスより発売された tt関連楽曲を全て収録!

f-fact.

カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ
リンク

このサイトはリンクフリーです

また掲示画像の無断転載
配布を禁じます
 
f-factory blog 2008 @ testing



test


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。