title image   
test

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ソウルイーター」 魂の共鳴 フィギュアコレクション レビュー 

「ソウルイーター」 食玩初登場!

soul_sympa_00.jpg
バンダイ、2008年8月発売、定価210円。 ブラインドボックス仕様で、アソートは全8種。

soul_sympa_01.jpg
「 2つの台座が 共鳴して ひとつに!! 」
商品タイトル通り、職人と武器の台座を組み合わせてディスプレイできるのがウリです。

アソート8種の詳細は、以下の通り。

■01 マカ = アルバーン
■02 ソウル = イーター
soul_sympa_02.jpg

ディフォルメされていますが、前回レビューのスイング版より、若干等身が上がっています。

職人キャラは全身で約5cmサイズ(台座含まず)、武器キャラはいずれも下半身で断ち切れ
ており、職人が武器を携えていることからも、イメージ的な扱いということだと思います。

soul_sympa_03.jpg
マカは武器まで同一樹脂のため、柄の部分がしんなりしている以外は良い感じ。
ソウルは狩った魂を手に持っていますが、クリア樹脂ではないので正直ウ●コみたいです…

soul_sympa_04.jpg
これが共鳴台座、エンボス文字が判読できる程度に画像を加工しています。
それぞれにキャラクターの名前とシンボルイメージが入っています。

■03 ブラック☆スター
■04 中務 椿
soul_sympa_05.jpg

鎖鎌を手に低く身構えるブラック☆スターと、心配そうな表情で見守る椿。

soul_sympa_06.jpg
★は台座が無くても安定するので、好きな場所に貼り付けて遊べます。
椿はボリュームが無く、単体で見ると 「これだけ?下半身パーツ足りないよ?」 って印象。

soul_sympa_07.jpg
台座には椿の鎖鎌モード、何気に★の直筆サイン入り。

■05 デス・ザ・キッド
■06 リズ&パティ
soul_sympa_08.jpg

初立体化となるキッドチーム。 姉妹はシンメトリックなポーズの方が見栄えしたような…

soul_sympa_09.jpg

soul_sympa_10.jpg
トンプソン姉妹は、アソートで一番厳しい出来。 私見ながら、顔の出来が許容範囲外です…

2体セットのため他チームと比較すると若干サイズが小さいのですが、それでも3人でサイズ
バランスがとれているあたりはナイスです。

soul_sympa_11.jpg
台座シンボルは二丁拳銃。 姉妹は「THOMPSON SISTERS」とクレジットされています。

■07 死神様
soul_sympa_12.jpg

ここにきて死神様。 ひとりだけディフォルメされてないし、そもそも全然 共鳴してないよ!

soul_sympa_13.jpg
台座は1枚で共鳴チーム分と同じサイズ。

■08 フランケン・シュタイン博士
soul_sympa_14.jpg

最強職人ではありますが、商品コンセプトからして、別に死神様と博士を除いた全6種
アソートで良かったんじゃないの? と思います。

soul_sympa_15.jpg
この人も共鳴の相方いないよ! と思ってたら、台座にまさかのスピリット!!
本編では、パパは死神様より活躍カット多いのに… そりゃ滝涙も流れますなw


商品化は嬉しいのですが、コスト高騰のため、春前なら100円程度であったろうクオリティ。
それだけに武器キャラの、足もなく単品では 「足りない」 仕様は、ガッカリ感も大きいです。

ちなみにボックスは10個入りで、ダブリ2個はランダムでいずれかのチームっぽいです。
店頭でコンプ狙いであれば、10個揃っているボックスから買わないと泣きを見ますよ。

それにしても椿さん、リアル等身の全身モデルで欲しいなぁ…



----------------------------------------------


おまけに、今週のお買い物など。

item_080814.jpg

値が落ち着いてきた名護さんなど確保。 キバの方はタートルズ級の無茶変型トイ
(「4フォーム電王」のように、変型である必然性が無い…)。 好きだなぁ、こういうのw

例によって死神様のエンカウント率は高めに設定されているんでしょうかねえ?
[ 2008/08/15 03:51 ] [ 編集 ]
今回ボックス(10個入り)で購入したのですが、内訳は全8種+マカ・ソウルでした。
全てのボックスが同じであれば「主役コンビだけ生産数が倍」ということになりますね。

バンダイの場合、「全ボックスが同じ」「カートン(ボックスの詰まった大箱)で
カウントすると、全アイテムの生産数が同じ(ボックスによってダブり内容が異なる)」
のいずれかと思いますので、後者とすると運が良かっただけかも知れません。

いずれにせよ、主役3チーム2セット入りのボックス12個仕様が正解だったような気がします。
いえ、商品コンセプトを無視すれば、死神様の造形自体は好きなんですけどねぇ…
[ 2008/08/15 10:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
130317 Sun
"true tears" 5周年記念CD-BOX 予約受付中!
過去にランティスより発売された tt関連楽曲を全て収録!

f-fact.

カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ
リンク

このサイトはリンクフリーです

また掲示画像の無断転載
配布を禁じます
 
f-factory blog 2008 @ testing



test


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。