title image   
test

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「機動戦士ガンダム」 スペシャルクリエイティブモデルEx レビュー 

バンプレスト、2008年8月発売(プライズ景品)。 商品サブタイトルは「~ガンダム&ザク~」、カップリングは既に発売されているザク(ランバ・ラル編のリデコ・リペイント版)です。

SCMEx78_00.jpg

パッケージと内容物。 ガンダムプレイセットとして必要最低限が揃っています。 ビームサーベルはビーム部が差し込み式、ピンクは塗装で少々安っぽい印象。
SCMEx78_01.jpg

▼以下、詳細レビューなど▼

フィギュア外観、サイズは約12.5cm (1/144スケール)。 アンテナ含め外装部分に軟質素材は
使用されていないので、GFFシリーズよりカッチリした質感があります。
SCMEx78_02.jpg
かつて無い大胆なデザインアレンジが施されており、人体シルエットを意識した「Gの影忍」を彷彿とさせるようなフォルムです。

記念すべきS.C.M.シリーズ第1弾のガンダム(2003年発売)と。 初弾、このサイズで完全変型コアファイターを内蔵しつつ腰が可動するという、当時としては驚愕のギミックを搭載していました。 何年経っても 「市販品に無いものをやろう」 という意気込みを感じさせてくれる良シリーズですねぇ。
SCMEx78_03.jpg
しかしガンダム、もう30年近く前のアニメですが、どうアレンジしても認識できる記号の集合体、秀逸なデザインワークとカラーリングには、毎度のことながら感心させられますな。

S.C.M.Exシリーズの主役機としては前作にあたる、エクシアと。 エクシアとは胴体のブロック構造が同じなので、「これオーガンダム」と紹介したら、納得してしまいそうなデザインですね。
SCMEx78_04.jpg
素立ちでは下半身ボリューム過多に見えたのに、装備品をつけるとシルエットが安定するデザインマジック。

シールドはアウトラインのエッジが死んでいて、フチが波打っているように見えるのはマイナス (やりたいデザインが樹脂で再現できていない印象) 。 ただ覗き窓も抜けていますし、接続部がボールジョイントで、腕をひねらずとも正面方向に向けられるのは何気にポイント高いです。

肩部構造、ボールジョイント接続基部が前方にスライド可能。首は胴体基部、頭部接続部ともボールジョイント可動。
SCMEx78_05.jpg

腹部構造、エクシアと同じく、曲げるとT字型胸部ブロックの下部がお腹に入り込むようになっています。 これにより、S字立ちが綺麗に決まります。
SCMEx78_06.jpg

ヒジ、ヒザは二重関節。ヒザは二段階目の屈伸時にふくらはぎの一部ごと回りこむ構造。 足首の接地性も十二分です。
SCMEx78_07.jpg

比呂美さんもビックリの180度開脚。 バンダイ完成品と比較しても、可動は「異常」の域。 ザクと異なり軟質素材アーマーでクリアランスを稼いでいる部分も無いし、この設計には本当に関心します。
SCMEx78_08.jpg

パッケージにはギミックの説明が無いのですが、腰部ラッチが開いて差し替えなしにバズーカをマウント可能。 あと非公式かも知れませんが、シールドをランドセルに取り付けることも可能です。
SCMEx78_09.jpg

動かすと、人体的なポージングが決まりまくり。
SCMEx78_10.jpg

ちなみにライフルはスコープと前方グリップが可動します。
SCMEx78_11.jpg

左は可動戦士のハンマー、右はカート・コバーンのレフティ仕様ギター。 アイテムと絡ませても
楽し、 「可動フィギュアかくあるべき」 とでも評すべき、いじり甲斐のあるトイです。
SCMEx78_12.jpg


シールドのフチ、バズーカが軟質、開き手が左だけ、ビームサーベルが安っぽいあたりが難点ですが、フチ以外はコスト上の問題と納得できます (サーベルなど、他商品からの流用も容易です) 。

あまりに大胆なアレンジには賛否あると思いますが、 「大見得を切る系」 ロボがお好みならば、かなりお勧めできるトイと思います。

MS少女 RX-78ガンダム

それにしてもS.C.M.Exシリーズは、 「デザイン・設計面に優秀でネタに愛着のあるスタッフさんが、商品化までキッチリコントロールできている仕事」 という印象があって良いですねぇ。

ホント、次回作も楽しみです。


さらに充実するSCMシリーズ、連邦よりジオンMSの暴走したアレンジが凄い!
   


お久しぶりです
豊富な写真で明快なレビューですね
最後の写真はアレンジしすぎでしょうw
[ 2008/08/23 19:24 ] [ 編集 ]
どんどん悪ノリしていくのがGJですw
[ 2008/08/24 15:03 ] [ 編集 ]
>リヨン侍 さま

さらにアレンジして、アンテナ追加しておきましたw

あ、SS新作拝読しました! 原作もこのくらい「ラブコメ」なテイストだったら、
いま以上に数字は稼げた(現在のファン層とは別かもしれませんし、数字が全て
ではないですけれど)気がしますねぇ。

>通りすがり さま

ネタ画像が一番、撮影していて楽しいですヨw

しかしノーベル・ナドレ系の女性的なラインのようでいて、引き締まったムエタイ
選手のようでもあり、中性的というか不思議な魅力のあるデザインと思います。
[ 2008/08/24 22:54 ] [ 編集 ]
一番下の画像は違和感がなく大変すばらしい、是非詳細をお願いいたします。
センスのよさに脱帽です。
[ 2008/08/24 23:34 ] [ 編集 ]
>>あ、SS新作拝読しました
>>原作もこのくらい「ラブコメ」なテイストだったら

ありがとうございます。原作の空気感が好きなので、あのままでいいとも思いますが、2クールだったら何話かあってもいいかな、とは思いますね。今回の話は、「DVDのおまけにつく5分間くらいの新作アニメ」のイメージです。
[ 2008/08/25 02:03 ] [ 編集 ]
>ドザえもん さま

頭部
 エグゾースト メモリーズオフセカンド フィギュアコレクション
 寿々奈鷹乃

アンテナ
 MG RX-78-2 ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079(アニメカラー)

以上を両面テープでとめているだけで、本体側は無改造。

フィギュアは、検索語句「寿々奈鷹乃 レビュー」で上位にくる「三四郎雑記」さんに
詳しい画像が掲示されているようです。

ネタ元を知りませんが(ゲーム?)出来と汎用性で、一部で有名な商品と思います。


> リヨン侍 さま

> 2クールだったら何話かあってもいいかな


「あそび」「息抜き」みたいなエピソードが殆ど無かった(それが独自色でもあった)
アニメなので、「2クールだったなら」とのifは、ついつい考えてしまいますねぇ。
[ 2008/08/25 18:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
130317 Sun
"true tears" 5周年記念CD-BOX 予約受付中!
過去にランティスより発売された tt関連楽曲を全て収録!

f-fact.

カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ
リンク

このサイトはリンクフリーです

また掲示画像の無断転載
配布を禁じます
 
f-factory blog 2008 @ testing



test


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。