title image   
test

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「爆裂天使」 セイ(ダイキ工業版) レビュー 

原型師の白髪隆行氏 (ユキシロ) が 「ワンダーフェスティバル2007夏」 にて発売された
ガレージキットのマスプロ化商品です。

ダイキ工業 爆裂天使 セイ 00

ダイキ工業、2008年10月発売、定価9,975円、PVC塗装済完成品。

ダイキ工業 爆裂天使 セイ 01

これがセイの基本コスチュームゆえ「裸」という訳ではありませんが、メーカーアナウンスでは
「15歳以上推奨」 とのことです。

▼以下、詳細レビューなど▼

氏の作風である、動きの中から瞬間を切り出したようなシチュエーション。 加えてヒザ下、
左腕や右肘がオミットされた大胆な構成。
ダイキ工業 爆裂天使 セイ 02
「フィギュアの全身」 と言うより「スタチューの胸像」といった趣があります。

この状態で全高約24cm(台座含まず)、全幅約20cm。ヒザ下から背面の瓦礫は硬質パーツで、重量のある本体を支えられるようになっています。
ダイキ工業 爆裂天使 セイ 03

セイの普段着は元々大胆なデザインなんですが、それがさらに 「せり上がって、ずり下がった」 ような表現。 15話での水着姿に勝るとも劣らない変態大変、大胆な露出度に。
ダイキ工業 爆裂天使 セイ 04

パーツ構成。 商品化のウリとして、新規造形の足先まである下半身パーツが付属します。
ダイキ工業 爆裂天使 セイ 05
台座は直径約15cm、厚さ約2cm。 さして厚みのないABS製で、重量ではなく底面積で
フィギュアを支えているような印象。

足先までの全身、この状態で全高約31cm(台座含まず)。 ポーズやヒール分など考慮して、
直立身長分で約27cm。 スケールとしては1/6強といったところでしょうか。
ダイキ工業 爆裂天使 セイ 06

ヒザの角度などはオリジナルと同じで、無かった先端が作り足されています。右足は左手と同じく、末端が消失した表現に。また、足下に炎のようなエフェクトパーツが付きます。
ダイキ工業 爆裂天使 セイ 07


ここから台座仕様のお話。 真横から見ると、両形態とも支柱から前寄りどころではなく、前側にフィギュア全重量が加重しているのが分かります。
ダイキ工業 爆裂天使 セイ 08

金属製の支柱は直径5mm、つま先版の方は長く突き出ているように見えますが、ここにエフェクトパーツを挟みますので、台座に差し込まれるのは瓦礫版と同じく5mm程度。
ダイキ工業 爆裂天使 セイ 09
瓦礫パーツ用の支柱は約4cm、そのうち3cm程度が瓦礫に埋め込まれています。意外にもつま先パーツ用の方が支柱が短く、約2.5cm。そのうち本体埋め込み分は5mm (!) 。

つま先版は瓦礫版より重心が支柱から遠く、より高い位置にあるというのに、支柱埋め込み深度が本体、台座とも約5mm。 長期間、この状態で耐え得る仕様とは思えません…


塗装含めガレキ完成見本品の再現度は、かなりのものです。このあたりは好みの問題ですが、広面積ゆえ肌色樹脂の質感が、キャスト+塗装の質感を上回っているとさえ思います。

ダイキ工業 爆裂天使 セイ 10

ただ、前述の台座はかなりマイナス。瓦礫パーツ下半身は工夫次第で(例えば瓦礫壁面の裏から)補強展示が出来そうですが、つま先パーツ下半身には、支柱穴を掘り進めるクリアランスも殆どありません。

「爆裂天使」、全国放送ではありませんでしたが立体化には恵まれていて、セイは他にもアルター版・バイス版・システムサービス版(カプセルトイ)・限定版DVD特典版が発売されています。 その中で本商品は最大サイズにして、最も作家性が前面に出た造形。 置き場所に
困らないなら、ファンにはお勧めできるアイテムと思います。

しかしこれが売れても、白亜さんに版権料入ってないんだろうなぁ…



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
130317 Sun
"true tears" 5周年記念CD-BOX 予約受付中!
過去にランティスより発売された tt関連楽曲を全て収録!

f-fact.

カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ
リンク

このサイトはリンクフリーです

また掲示画像の無断転載
配布を禁じます
 
f-factory blog 2008 @ testing



test


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。